国民すべてが苗字を名乗る

1875年(明治8年)に、明治政府の太政官布告「平民苗字必称義務令」によって国民すべてが苗字を名乗ることが義務付けられました。代表的な「氏」としては、平氏と源氏があります。もともとはどちらも天皇を祖とする氏族です。平氏は、桓武天皇に関係していて、桓武天皇が建設した「平安京」に由来した名だとされています。源氏は、嵯峨天皇に関係していて、皇室と祖が同じという意味で、つまり祖というのは、源と同じような意味であることに由来しているそうです。平氏と源氏に加えて、藤原氏と橘氏を併せて、四つの貴種名族をまとめて「源平藤橘」と言います。武家は必ずこの四つの「氏」を名乗っていました。その後、地方の豪族らが勝手に四氏の名を使う風潮がはびこります。さらに四氏以外の名前として、領地などの地名に基づいた名字(苗字)が発生します。その中でも広大な領地を所有する者は大名と呼ばれるようになっていきます。名前って、そういう歴史のなかで作られていったのですね。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
マンション管理 クミアイ【93i.jp】 > コラム > 国民すべてが苗字を名乗る
2019年3月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ